医療事務

医療事務

医療事務は自分の生活スタイルに合わせて働きたい人にはとてもお勧めな資格です。医療事務の資格に関してのメリット、デメリットをご紹介します。

快適な通販 > 医療事務

医療事務の仕事

医療事務の職場やメリット、デメリットをご紹介します。

【仕事場所・内容】
病院や歯科などの医療機関が主な仕事場所になります。主な仕事内容はレセプト(診療報酬明細書)の作成、受付、会計等。仕事内容は幅広く、事務を通じて医師や看護師を広くサポートする職種です。

【メリット】
・医療事務の資格を持っていれば全国どこでも仕事を探すことが可能。結婚や引越しで転居しても安心です。
・医療業界は不況にもあまり左右されずに安定している。
・『正社員』『派遣』『パート』と働き方を選ぶことができ、私生活に合わせて仕事をすることができます
・年齢、体力を気にすることなが長く安定して働き続けることが可能。

【デメリット】
・年々人気が高まり資格取得者の倍率が高くなっています。
・求人に「経験者優遇」というのが多く、未経験者の正社員の就職が厳しいです。派遣やパートで経験を積む必要が出てくるかもしれません。

このようなメリット、デメリットがあります。また、医療事務の給料に関しては一般の事務とほとんど代わりがないと考えておいたほうがいいようです。初任給15万程度、時給は800円から1500円程度が多いです。

医療事務資格

全国各地で就職を探すことができ、不況にも強い医療事務の資格はとても魅力的です。しかし、働くためには資格取得が必須条件になります。試験は年に6回(1月、3月、5月、7月、9月、11月)とあり試験を受けやすくはなっています。ただ、人気があるので考えている方は早く資格試験を受けたほうがいいかもしれませんね。今後も人気は高くなっていくと思われますので、更に資格の取得が難しくなる恐れがあります

医療事務の試験勉強ですが独学でもしっかり取り組めば十分に合格することが可能になります。私の知り合いも独学で勉強し、資格と取得した人もいます。この方たちに何が大変だったか聞くと、参考書選びが大変だったとのこと。また、専門的な知識の勉強が難しかったと言っています。

独学のメリットとしては、お金がかからないこと。参考書と過去問も購入費用ですみます。デメリットは時間がかかること。診療報酬点数の見方や、言葉の意味を一から自分で調べていかないといけないです。また、モチベーションを保つ必要があります。

独学の他には学校に通ったり、通信教育の教材を利用することです。こちらはお金は多少かかりますが、資格勉強の内容は決まっており、資格取得にかかる時間を効率よく使うことができます

医療事務の学校に通うと、資格取得後の就職先の斡旋も期待できるので安心できます。通信教育は自宅で子育てしながらでも効率よく勉強することができるのが魅力になりますね。


医療事務講座

 

医療事務 トップへ戻る